プロフィール

渡辺GENJI

Author:渡辺GENJI
東海地方に住むヴァンガードプレイヤー
相互リンク大歓迎なのでお願いします。

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

リンク

ブロとも一覧

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/09/18 (Wed) 02:04
今日のカード

執刀の守護天使 アルメン







ユニット設定
蒼き翼を持つ特殊医療部隊「瑠璃色の守護天使(ラピスラズリ・セレスティアル)」の一員。 腕の立つ執刀医であり、常に冷静沈着な部隊のエース。 戦災で負傷した人々の治療を行う別働隊の指揮を取っていたが、“リンクジョーカー”の出現により部下ともども本隊へと帰還した。 医術の腕ばかりが注目されがちだが、戦闘においても高いポテンシャルを誇り、愛用のメスを戦闘用の総身円刃刀「スカルペル・スパイク」へと持ち替え、まるで施術を行うかのように戦う。 直下に医療技術・戦闘技術どちらにおいても有能な二人の部下を持つが、どちらも性格や行動に若干の難があり、最低でも一日一回は勝手な行動を取ろうとする二人を捕まえて指導している姿が目撃されている。 超一流の執刀医、その手元が狂う事など万が一にもありえない。 「斬る」時も、「切る」時も、素早く正確に、それが彼のポリシーだ。

【瑠璃色の守護天使(ラピスラズリ・セレスティアル)】
強い献身の志と、それを全うできるだけの能力を持つ者だけが所属を許される“エンジェルフェザー”の特殊医療部隊。 適性審査を通過し、且つ配属を希望する者は、天使長の洗礼を受けることで古き翼を捨て、新たなる翼「瑠璃の翼(ラピスラズリ・ウィング)」を賜る事になる。 その異常なまでの使命感に畏怖と敬意を込めて、「命を救う命知らず達(レックレス・セイバーズ)」と呼ばれる事もある。




術式の守護天使 バタルヤル





ユニット設定
蒼き翼を持つ特殊医療部隊「瑠璃色の守護天使(ラピスラズリ・セレスティアル)」の一員。 守護天使随一の執刀医「アルメン」直下の部下であり、彼の優秀な助手。 魔力でコーティングした専用の聴診器を使用し、まるで透視でもしたかのように異常のある箇所と内容を言い当てる事ができる。 戦闘の際は強固なコードを生成し、敵の捕縛や無力化に努める他、このコードで空中に術式を書く事でより強力な魔法を行使できる。 「優秀」という二文字がこれ以上ないほどに似合う彼だが、病的なまでに女癖が悪いのが素直に褒められない唯一の理由である。 相手が美女の場合、患者だろうと敵だろうと口説こうとするので、その度に「アルメン」に連行されているらしい。 あらゆる手を駆使して上司から逃れようとするが、彼が正座していない日を見た事は無いので、その試みは未だ実現していないようである。




麻酔の守護天使 ルマエル





ユニット設定
蒼き翼を持つ特殊医療部隊「瑠璃色の守護天使(ラピスラズリ・セレスティアル)」の一員。 守護天使随一の執刀医「アルメン」直下の部下であり、彼の優秀な助手。 効力の違う麻酔薬を瞬時に処方する薬学の専門家で、その役割も手伝ってか「バタルヤル」以上に「アルメン」の傍で仕事を行う事が多い。 戦闘の際は大型の麻酔銃を使用して、敵の捕縛、無力化に努める他、負傷兵の応急処置を行っている。 「虹色の麻酔使い(レインボー・アナスタシア)」という通り名があるが、この通称のせいで女性に間違えられる事が多い為、本人は大変迷惑しているという。 勤勉な少年だが、症状を細かく聞きすぎるのでなかなか治療に移れなかったり、薬の使用感などをしつこく確認しすぎたりなど、真面目が過ぎて周囲に迷惑をかける事も多い。 「バタルヤル」と違い、悪気が無いので自覚させづらいとは「アルメン」談。

<< 次元ロボ ダイバレット | ホーム | 星輝兵 カオスビート・ドラゴン >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。