プロフィール

渡辺GENJI

Author:渡辺GENJI
東海地方に住むヴァンガードプレイヤー
相互リンク大歓迎なのでお願いします。

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

リンク

ブロとも一覧

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/10/10 (Fri) 05:58
マスラオライザー







【ヴァンガード開発部からの一言!!】
本日ご紹介するのは、12月5日(金)発売の『時空超越』に収録される、あらたな「ライザー」ユニット!
白兵戦特化の機体として開発された「マスラオライザー」は、自身がスタンドしたときに、後列のブーストユニットを一緒にスタンド!
「アルティメットライザー・MF」や「フェニックスライザー・DW」たちを切り札にしたデッキに加えれば、リアガードをスタンドする能力によって、その真価を発揮できるはずだ。
ノヴァグラップラーデッキ使いなら誰もが知っているであろう「ライザー」たちの戦いは、まだまだ終わらないッ!!

【ユニット設定】
ライザーシリーズの開発後期に造られた準汎用バトロイド。
元は数十年前に製造された機体で、刀を模した武器「ライザントウ」を主武装とする革命的な機体だった。
しかし、光学武装に頼り切っていた当時の技術では、実剣のメリットを生かす機体性能をどうしても発揮できず、試験途中で凍結され、現在まで倉庫に眠っていたという。
この機体の隠れたポテンシャルと、革命的なアイディアに目を付けたのが、今や企業の一大チームとなったライザー開発チーム。
この機体を彼らが現代の技術で改修し、ライザーへと発展させたのが、この「マスラオライザー」――正式名称「白兵戦特化型試験用ライザーカスタム」である。
近接戦において無類の性能を誇るが、メインウエポンである「ライザントウ・アラタメ」一振りの製造コストが本体と変わらない事がネックとなっており、この問題を解決しない限り、量産ラインにのせるのは難しいらしい。




<< ハーモニクス・メサイア / ヒートエレメント マグム | ホーム | ヒートエレメント マグム / 獣神 フロッグマスター >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。